前へ
次へ

腰痛である椎間板ヘルニアと付き合う方法

腰痛と言ってもいろいろなタイプがあり、自分はどれが原因で痛みを持つようになったのか判断がつかないと言う人も多いと思われます。世間一般的に多く言われる腰痛では椎間板ヘルニアがありますが、この病気は年齢の若い人がかかることが多いとされるものです。椎間板ヘルニアの発症原因として考えられることは、普段から姿勢とか動作と言ったことや体質や骨の形と言った遺伝にも関係してくると考えられます。普段の生活にかかせない座るとか前屈と言った姿勢を取ることで椎間板にかかる圧力は、体重の2.5倍にも相当することになり、これら動作の繰り返しから椎間板ヘルニアと言う症状になってしまうと言われます。治療方法には保存方法と手術が考えられますが、多くの人は保存方法を取ることを選ぶことが多くなっています。その保存方法には神経ブロックと言われるもので、局所麻酔やステロイド注射を打つことで痛みを和らげる方法があります。また薬物療法があり、鎮痛剤や筋弛緩薬を用いることになります。そして理学療法といって筋肉を強化する運動を行うことや身体を牽引するなどの方法が考えられます。更には自然治癒と言う場合もありますので、安静しながら過ごすことも大切な方法になります。椎間板ヘルニアの再発予防には、日常生活において腰への負担を極力小さくすることです。日々のストレットは忘れずに行うことや体重の増加には十分な注意が必要になります。腰周辺の筋肉を鍛えることが、効果的なことになります。ですが無理な腹筋や背筋運動は避けるべきで、適度な運動で済ますことが最良の方法です。腰が痛いからと言って車ばかりに乘り、座ってばかりいることも良い方法ではありません。腰の筋肉を鍛える必要がある訳ですから、電車の利用や徒歩と言う方法を多く使うことも、椎間板ヘルニアから早く解放されることになります。この病気は一生治らないと考える人もいますが、自分の体を鍛えることで再発を防ぐことも十分可能になる上、無理な運動は避けることも大事なことです。

接骨院 豊田市

稲沢市大里駅近くでインプラントがおすすめの歯医者|わだち歯科シニア歯科【WEB予約可】

行徳の歯医者ならみなとデンタルクリニック
土日診療を行っている歯医者さん

https://www.konomiah.com/rouken.html
飼い主様に代わり、大切なペットちゃんを預からせていただきます

良質な動物医療によりペットの安全・飼い主の安全を支える
広島市東区のkonomi動物病院です

Page Top