前へ
次へ

腰痛に負担をかけない寝方

腰痛の際には少しでも腰に負担をかけずに寝たいものです。そこで、どんな寝方が良いのかをお教えします。まず、寝る向きを変えることです。寝るときに理想としては仰向けが一番なのですが、同じ姿勢で寝ることで体に負担がかかります。腰痛の時には、寝返りをすることで目が覚め寝られなくなる方もいます。痛みがひどい時などは、少し体を丸めて寝てみるのもとても楽な姿勢で寝ることが出来ます。それから、腰痛の時の寝方としては、膝などにクッションを挟むことで、楽な姿勢で寝ることが出来ます。小さめのものだけでなく、最近では、人の体の大きさと同じサイズのクッションなどがあり、楽に横向きで寝ることが出来ます。それから、寝返りをする際に、腰痛の時には、広いスペースが必要になります。そのため、ベッドや敷布団のスペースを若干、広めに確保しておくことで楽に寝ることが出来ます。また、自分の体に合った柔らかすぎず、硬すぎない敷布団や、ベッドで寝ることです。

Page Top