前へ
次へ

腰痛で悩んでいる人は診察を受けたい

農作業をしている人は、重い荷物を運搬することが多いので、腰に負担が掛かりやすいです。赤ちゃんや幼児のいるご家庭では、おんぶや抱っこをするので、腰痛で悩んでいる人が少なくありません。比較的痛みが軽い場合は、湿布などの外用薬を使用したり、痛み止めの内服薬を服用することで改善することもあります。痛みが長引く時は、整形外科を受診して検査を受ける必要があります。レントゲンやCT、MRIなどの検査を受けることで、病気の診断が付くことがあります。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの病気は、年齢を重ねると発症するリスクが高まります。症状が悪化してくると、日常生活に支障が出たり、歩行に影響が出ることもあります。現代は痛みや出血が少なく、体に負担の少ない外科手術を行っています。信頼できる病院を選んでおくと、高い技術を持った医師が担当してくれます。早い段階で病気を発見して治療を行うことで、腰痛を改善することが可能です。外科手術をした後は、理学療法や運動療法、温熱療法などを行うことが多いです。

Page Top