医療がどんどん発達していますが

日本に限ったことではありませんが、医療の水準がどんどん上がっています。
つまりは、不治の病とされていたものも早期に発見できれば上手く治すことができるようになることが多い、となるわけです。
これはとても有難いことであるといえるでしょう。
しかし、医療費の高騰というのも問題視されています。
日本では国民皆保険がありますから、基本的には三割程度の負担で済むことになります。
老人などは一割です。
障がい者など、社会的な弱者などにも免除なり減額してくれることもあります。
そうした制度が日本にはありますから、医療というのはかなり安心して受けることができるようになっています。
そんなことは当たり前の制度ではないか、と考える人は甘いです。
医療制度をしっかりとここまでしているのは実は日本はかなり発展しているといえます。
もちろん、無料でやっているところも国としてあるのですが、制度として多少の負担があり、医学が発展しているといえば日本です。