前へ
次へ

足に合った靴を履くことも腰痛予防のひとつに

外出時には必ずお世話になるのが靴ですが、日々履きこなしている靴は腰痛と関わっています。自分の足にキチンとあっていない靴を履き続けると、体のバランスはゆっくりと乱れ歪みが生じますし、歩く時に使う筋肉は下半身だけではありません。全身の筋肉をフル稼働させてこそスムーズに歩くことができますが、もしも足にフィットしない靴を履いていると、靴の中では足が動いてしまい、足裏や足指の筋肉にも大きな負担がかかります。するとこの筋肉への負担をかばおうとするので、今度は足全体にある筋肉に大きな負担がかかり、筋肉は疲労をするばかりです。疲れ切った足全体の筋肉は、地面との衝撃の吸収を順調にはできません。でも歩くと衝撃が起きるのは避けられず、吸収しないままだと次に負担がかかるのは腰の筋肉です。こうして慢性的に辛い腰痛になる仕組みがあるため、自分の足に合った靴を履くことはとても大切になります。本気で慢性的な腰痛を改善したいと考えたら、第二の心臓とも言われる足にも思いやりを持ち、靴にも配慮をして正しく使うことです。

Page Top